本文へ移動

間知石

間知石とは

石積みに使用される四角錐形の石材。四角形の面を表に、背後の控え部分には、栗石などを詰めて(土圧の分散を図る)間知石を積み上げていく。
石垣、護岸、擁壁などに日本では古くから用いられている。

●形状:四角すい

名称
寸法(mm)
備考
面サイズ(縦×横)
控え
標準間知石
330内外×280内外
350以上
13個/m2
石積み時仕上寸法
300内外×250内外
350以上
並尺間知石
330内外×330内外
350以上
11個/m3
石積時仕上寸法
300内外×300内外
350以上
面形状
控え形状

間知石積みの種類

施工例1

施工例2

施工例1

施工例2

0
0
5
0
3
3
お問い合わせ
0185-25-2222
受付時間
8:00ー17:00
※休業日はカレンダーをご覧ください
メールでのお問い合わせは こちら!
株式会社 寒風
〒010-0342
秋田県男鹿市脇本脇本字前野1-1
TEL.0185-25-2222
FAX.0185-25-2223
1.■土木工事■
2.■石工事■
3.■石材加工■
4.■石材採取■
5.■墓石・お仏壇■
TOPへ戻る